ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

静岡県

富士山2合目にある巨大遊園地「ぐりんぱ」雨の日の楽しみ方レビュー

こんにちは、たぁママです♪

ここは富士山2合目にある、自然に囲まれた遊園地「ぐりんぱ」です。ここにはいくつかのテーマを持ったアトラクションエリアが存在ます。

遠くからでも目に付く大きな観覧車を初め、「ウルトラマン」や「シルバニアファミリー」などのキャラクターをテーマにしたエリアや、日本最大級の「巨大迷路」、運動大好きな子にもってこいの複数ある「巨大アスレチック」など、予想以上の充実さに驚きました。

また、季節によってはチューリップ畑が広がったり雪遊びが出来たりと、富士山を眺めながら1日過ごすことができます。

またリードを付けていれば犬も入園できるのも魅力で、小型犬・中型犬は園内の「大観覧車」と「フジヤマの風」というアトラクションは愛犬と一緒に乗ることができるんです。こんな遊園地、なかなかありませんよね。

たくさん遊びたかったのですが今回は最悪の天候で、「半日もつかな?」と不安でしたが雨でも楽しめるところはあります!今回は、雨の日攻略の様子をご紹介します。

「ぐりんぱ」へのアクセス

〒410-1231 静岡県裾野市須山2427

駐車料金

1日1台:1,200円(普通車)

※その他、来園する際「南富士エバーグリーンライン」という有料道路を通ります。(普通車/510円 マイクロバス/1,230円 大型車/2,060円)

無人の料金所のため、小銭を用意しておきましょう。

東京方面から裾野ICで降り30分くらいでした。

平日に行ったのですが、首都高が大変混み合っており、東名高速道路は流れてはいるけど詰まってる感じ。結局予定より1時間遅くなり4時間程かかりました。

ちなみに今回は、1泊2日で前日隣にあるオートキャンプ場「PICA富士ぐりんぱ」に宿泊したので割引価格で入園できました。

▼「PICA富士ぐりんぱ」のレビューはこちらに詳しく書いています↓

【キャンプデビューにオススメ】設備豊富「PICA富士ぐりんぱ」の宿泊レビュー

こんにちは、たぁママです♪ ここ静岡県「PICA富士ぐりんぱ」は、富士山が望める、自然豊かなオートキャンプ場です。宿泊施 ...

続きを見る

また、キャンプ場から直接行けるため駐車料金も無料で利用でき助かりました。

▲何台か分かりませんが、かなりの広さの駐車場でした。

JR御殿場駅・三島駅・富士駅からバスも出ているそうで、左の屋根が付いてるところがバス停です。

「ぐりんぱ」雨の日攻略レビュー

▲正面玄関。この日はお気づきの通りすごい霧と雨に見舞われました。

【チケット等料金】

【チケット等料金】

大人

子供

入園料

1,300円

850円

ワンデークーポン (入園料+1日乗物券)

3,700円

2,700円

乗物券10回分

4,000円

ペット同伴券

1頭 850円

大人:中学生以上|子供:3才以上~小学生|シニア:60歳以上

※ペット同伴の際はリードの着用と「利用同意書」の記入が必要です。また、狂犬病等の予防接種が未接種だと入園できません。

乗り物は1回300円~800円(2歳までは無料で乗れます)

 雨の日はチケットは入園券だけでOK

▲チケット購入口にも、運休してる乗り物の案内があります。

乗れないものが多い場合は無理にワンデークーポンを買わなくてもいいと思います。

店員さんに「晴れたら乗れるようになりますか?」と聞いたら、「安全確認や清掃が必要なため、すぐには乗れないかもしれません」と言われました。納得です。

▲状況によりますが、雨の日だとアスレチックもジェットコースターもほとんど利用できません。

この日は霧がすごかったので残念ながら観覧車も隠れてしまう状態でした。1歳の子もいたので乗り物に制限があると思い、あえて入園料のみにしてその都度乗物券を買うことにしました。

※ホームページで、今日のアトラクションの運行状況が分かるのでチェックできます。

まるでおもちゃの世界「シルバニアビレッジ」

▲写真スポットも園内各所にあります。晴れてれば富士山と一緒に撮れるところも多数あるようです。

▲この日はやっていませんでしたが、パン屋さんがありました。(食べたかった…)

オススメは、直径20cmもある「ぐりんパン」という特大メロンパンだそうです!

▲赤い屋根の大きなおうち(300円)

▲ボタンを押したり、お絵かきをしたり、触って楽しめる家でした。

▲森の丘のすてきなおうち(300円)

 

▲2階建てのおうちです。こちらは見学するおうちです。

一部は触らないようにロープを張られてますが、引き出しを開けたり椅子に座ったりできます。

おもちゃの家具がそのまま大きくなったような再現力の高さ!

▲森のみんなの学校(無料)

▲ここには歴代のシルバニアファミリーが展示されています。

昔と今では、色使いも建物の質感も違い見ていて童心に返りました。

(パパには退屈かもしれないけど…)

▲私が子供のころに持っていたおもちゃを発見しました!

懐かしさが込み上げてきます。

雨の日は屋内で体力発散!「キッズフジQ」

▲屋内遊園地・ゲームコーナー・売店・レストランに加え、広いキッズひろばがあります。

キッズひろばは一部遊びを除いてなんと無料で利用できます!

普通でも、これだけのおもちゃがあるところは有料なのが多いのに驚きました。

キッズひろばでおもちゃ遊び放題!

▲下駄箱あり。間違い防止のためピンチつきの札と、名前を書けるよう鉛筆が用意されてます。

アナログだけどいい方ですね。正面にロッカーもあるので、荷物を置いて中に入れます。

▲0~2歳のベビーコーナー。

脱走防止にサークル状になっていて、おもちゃが多すぎないのでハイハイさせるのも安心。

▲メルちゃんコーナー。大量の人形に洋服着せ替え放題!

ベビーカーやおもちゃもたくさんあり、ごっこ遊びが止まりません。

▲創作遊びが好きな子は大工さんコーナーへ。

▲メルちゃんコーナー・プラレールコーナーの外には、木製のおままごとの道具きれいに並んでいます。

種類も豊富で、野菜の種類や調理器具など片付ける場所に写真が貼ってあるので子供たちもお片づけが簡単。

▲パパママもちょっと休憩できます。

▲ボールプールに滑り台・車遊びも。マットの敷いてあるところもあるので、ハイハイ赤ちゃんでも安心して遊べます。

※ボールプールは、思いのほか浅かったのでご注意を。

▲2階には休憩スペースや、オセロ・ジェンガなどが用意されてるボードゲームコーナーがありました。

▲レゴで作られた大きなトーマスが、ボードゲームの部屋でお出迎え。

男の子が喜ぶ「M78ウルトラマンパーク」

▲見上げるほどのウルトラマンたちがカッコいいポーズを取ってお出迎え。

初期のウルトラマンですね、パパはうれしそうでした。

子供も、ヒーローに違いないのでポーズ取ったり触ったり興味深々でした。

▲フライングウルトラマン★シュワッチ(400円 3歳以上)思いのほか長い時間回っていました。

このエリアでの乗物券を買うときは、中央にある「ふわふわウルトラマン」の入口の券売機で購入します。英語表記あり。

▲メリーゴーラウンド(300円 0歳~)

▲2歳までの子供は馬には乗れません。

馬に乗るときは腰ベルトをしてくれるので子供ひとりでも乗れます。

ボリューム満点の食事

食事のできる所は、園内に全部で4箇所あります。

それぞれ料理の内容が異なり、ガッツリ系から軽食まで。

▲平日だからか夏休み前だからか…残念ながらレストランはここしか営業していませんでした。「ワイルドグリル ハングリー」

鉄板焼きのハンバーグや骨付きソーセージなど、その名の通りワイルドなボリューム満点メニューがいっぱいです。

▲(左)鉄板ハンバーグ 1,000円 / (右)お子様カレープレート 900円

▲(左)富士宮焼きそば&ウインナー 1,000円 / (右)フライドポテト&ウインナー 570円

 

うどんもありましたが、お子様メニューは1つだけ。ボリュームがありとても美味しかったのですが、他のレストランのほうが小さな子供が好きそうな食べ物は多かった気がします。

あと、所定の休憩所であればお弁当を持ち込みOKだそうです。離乳食期など食事に制限がある子には嬉しいですね。

「ぐりんぱ」のトイレや手洗い場情報

授乳室は「M78ウルトラマンパーク」とここ「キッズフジQ」にあります。

▲授乳室もありあります。中は明るくとても清潔でした。

女子トイレには、補助便座も置いてあり気配りが行き届いています。

▲「キッズフジQ」の売店でオムツやお尻拭きが売っているので、もし足りなくなっても安心です。

「ぐりんぱ」に行った感想

いかがでしたか?

もちろん晴れていればもっとたくさん魅力的な乗り物がありましたが、雨でもこれだけ遊ぶ事ができました。

乗り物はどちらかというと幼児向けが多い印象です。しかし、今回はできませんでしたがアスレチックや迷路は本当に巨大で、大人もやってみたいと感じるものでした。

雨の日の注意点として、園内本当に広々していて屋根のない所が多いので雨具は必須です。また山の中なので上着を持っていたほうがいいでしょう。チケットは、乗れるものを考えてからフリーパスとどちらが無駄にならないか考えて購入して下さい。

せっかくの天気でもがっかりせず、自然を感じてお出かけを楽しんで下さい。

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-静岡県
-

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.