ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

兵庫県

「たかさご万灯祭 2019」レビュー|ジャズの音色と灯ろうの灯りに包まれた癒しの祭典

  1. HOME >
  2. 近畿 >
  3. 兵庫県 >

「たかさご万灯祭 2019」レビュー|ジャズの音色と灯ろうの灯りに包まれた癒しの祭典

こんにちは~yakkoです!

「たかさご万灯祭 2019」に行ってきました。

山陽電車「高砂駅」から海側に向かっていくと、町のあらゆるところにキャンドルが灯されており、さらにあちこちでジャズ生演奏の音が聞こえてきます。

高砂の町一帯が "灯り" と "音楽" に包まれる 癒しの祭典 ですね(*^^*)

今回はじめて行ったんですが、楽しみどころが多すぎて、あっという間の3時間でした。

それでは「たかさご万灯祭」の見どころをたっぷりレビューしていきますね!

「たかさご万灯祭」高砂駅へのアクセス

メモ

【住所】〒676-0022 兵庫県高砂市高砂町浜田町2丁目1−1
【開催期間】9/14(土)18:00~21:30 9/15(日)18:00~21:00
【公式HP】https://mantousait.wixsite.com/takasago

<電車の場合>
・山陽電車「高砂駅」下車すぐ

<車の場合>
・加古川バイパス「加古川西ランプ」を降りて南へ約10分

▼ 詳しいアクセス情報はこちら
アクセス | たかさご万灯祭公式
会場へのアクセス|たかさご万灯祭公式

続きを見る

今回わたしたちは車で「高砂駅」周辺まで行きました。

「たかさご万灯祭」の駐車場は

たかさご万灯祭では無料駐車場が4ヶ所用意されています。

たかさご万灯祭の無料駐車場(カネカ臨時駐車場A)

カネカ臨時駐車場A

たかさご万灯祭の無料駐車場(カネカ臨時駐車場B)

カネカ臨時駐車場B

▲会場に近いのは、「カネカ臨時駐車場A」と「カネカ臨時駐車場B」の2か所です。

あと2つ「高砂市文化会館駐車場」と「神戸製鋼臨時駐車場」。

駐車台数は多いですが、会場からはちょっと距離があるので、できれば「カネカ臨時駐車場A、B」に駐車したいところです。

 

ちなみに私は18時頃に「アルカドラッグ高砂店」前の有料駐車場にとめました。

たかさご万灯祭 駐車場(アルカ)

たかさご万灯祭 駐車場(戸田歯科裏)

▲18時についた時点でほぼ満車状態だったんですが、1台だけ普通車スペースが空いていたのでそこに停めました。

軽自動車スペースはまだ数台分空いてたみたいです。

タイムズサンモール高砂

タイムズサンモール高砂入り口

▲そのすぐ横にある「タイムズサンモール高砂」はすでに満車。出庫待ちの車で渋滞ができていました。

「たかさご万灯祭」見どころレビュー

広い範囲でライトアップされていたり、ジャズコンサートが開催されていたりするんですが、今回まわったのは以下のコースです。

本町商店街通りを通って会場へ

▲「本町商店街通り」を歩いて南へ向かいました。

車は大渋滞です…。

▲高砂といえばお祭り!

ということで、お祭りの神輿が公開されていました!

けっこう間近で見ることができますよ(*^^*)

出店でいっぱい♪高砂楽市(銀座商店街)

▲銀座商店街にはたくさんの人でにぎわっていました。

食べ物の出店がいっぱい出てるので、ここでなにか買って食べてもいいですね!

▲ところどころにごみを捨てる場所があるので安心♪

こういうのがありがたいんですよね~(*^^*)

▲商店街の途中、ジャズのコンサート会場がありました♪

イスやテーブル席も用意されていて、みなさん飲み食いしながらジャズの生演奏を楽しんでいましたよ(*^^*)

▲ところどころに休憩できるスペースも用意されています。

小さいお子様連れや、お年寄りの方にもうれしい。

播州地方の美味しいもの勢ぞろい!高砂屋台横丁(旧国鉄高砂駅跡ロータリー)

▲国鉄高砂駅跡ロータリー前通りには、たくさんの出店が出ていました。

ただ、人がいっぱいでかなり並ばないと買えそうにないのと、早くライトアップされたメイン会場へ行きたい!ということもあり、ここはスルー。

▲ロータリー横の道を通って「十輪寺」へ向かいます。

歴史を感じさせる街並みと、道端に置かれた ”灯ろう” が神秘的☆彡

十輪寺(じゅうりんじ)ジャズコンサート

十輪寺入り口

▲ライトアップされた「十輪寺山門」

十輪寺入り口

▲中ではすでにジャズコンサートが開催されていました♪

十輪寺ジャズコンサート

▲ライトアップされたお寺の前で開催されているジャズコンサートは圧巻です!

「十輪寺」ジャズコンサートの動画はこちら

江戸時代の学問所申義堂(しんぎどう)

申義堂

▲江戸時代、町が開いた学問所「申義堂」は、建物がライトアップされた会場のひとつです。

建物の両サイドには、自作のキャンドルカバーをかぶせることができる灯ろうが並べられていました。

▲「手ならいキャンドルカバー」のワークショップをやっていました。

好きな文字を紙に書いて、それがキャンドルカバーになるという♪

▲子供たちはそれぞれ、クセのある絵を一生懸命書いています(笑)

長男の絵(一番奥)はお約束のうんち…。

好きな文字を・・・って書いてあるのに、普通に絵を書いちゃってます(笑)

▲書けたらキャンドルにすぽっとかぶせます。

これがなかなかすぽっといかない…

しかもキャンドルにはろうそくの灯がついているので「アツっ!」とかいいながら悪戦苦闘していました(笑)

  • キャンドルカバー

    長男作

  • キャンドルカバー2

    長女作

  • キャンドルカバー3

    次女作

▲キャンドルカバー完成♪

▲ズラと衣装を借りて記念撮影も!

けっこうほかの人に見られるので子供たちが恥ずかしがるなか、さすがパパ! 堂々としてます(笑)

▲さぁ次の会場へいきましょう♪

ところどころに高砂のゆるキャラ「ぼっくりん」の ”灯ろう” もありました。

夢の灯り会場出汐館前

ここでは4台のプロジェクターを使用して、出汐館(でしおかん)の壁と前の広場に画像を投影していました。

▲これが出汐館の壁に画像を投影していたプロジェクター。この隣にもう一台あります。

前の広場の足元に画像を投影していたプロジェクターは、隣接する学校の屋上にありました。

▲写真では一部しか写せないのでわかりにくいんですが、「並んでいる建物」+「広場」全体に投影されているので、実際見た感じはすごかったです。

動画もあります!

▲広場のプロジェクションマッピングがすごい!

子供たちは大はしゃぎでした(笑)

▲ここでもごみを捨てる場所が用意されていました。

▲たっぷりプロジェクションマッピングを楽しんだので、次は一番の見どころ「高砂神社」へ向かいます。

和みの灯り会場高砂神社

▲鳥居をくぐって高砂神社へ入っていきます。

▲入って左手に「御手洗い」がありました。

通路にも ”灯ろう" が灯されているので、トイレに行くのも幻想的ですね(*^^*)

▲ライトアップされた能舞台の前に侍が!!

これはサービス!?

なんかの雑誌に掲載するためなんでしょうか?カメラマンがいっぱいいました(笑)

▲「霊松殿」には三代目相生の松の霊木。

ライトアップされている松の木からは、なにかとてつもないパワーを感じました!

▲五代目相生の松もライトアップされています。

▲キャンドルが並べられている撮影スポット。

▲新元号「令和」とリボンのキャンドルも!

インスタ映え間違いなし!数百本にも及ぶ 竹のライトアップ

▲万灯祭で一番キレイだったのがここですね。

写真を撮るためにすごい人だかりができていました!

周りが暗いので、両サイドやバックに人が写り込んでてもほとんど見えません。

水の灯り会場「堀川」

▲ここでは船をライトアップしていました。

思ったよりも写真を撮るのが難しくて、ベストポジションが見つけられなかったです…。

▲ここは、焼きそばや飲み物などが販売されていました。

たぶん町内会の店なので、値段的にも安かったです。

▲ここのトイレはまだ新しいみたいでめちゃくちゃキレイでしたよ!

※もちろんオムツ替え台も完備されています。

▲レトロな雰囲気漂う町並みが今も残っています。

結びの灯り会場旧工楽松右衛門邸

▲2018年の6月に再建しオープンした「旧工楽松右衛門邸」

ここは、平成30年5月に「日本遺産」に認定された歴史ある建物です。

▼ 工楽松右衛門旧宅について詳しく見る
工楽松右衛門旧宅 公式サイト | 高砂市 | 旧工楽邸
工楽松右衛門旧宅 公式サイト | 高砂市 | 旧工楽邸

江戸時代、松右衛門帆の発明や全国の港を改修して名を遺した、高砂市出身の工楽松右衛門の旧宅が改修され一般公開となりました。 ...

続きを見る

▲館内はこんな感じでライトアップされていました。

▲広い裏庭は「結びの灯り会場」に!

写真を撮っている人も多かったです。

「たかさご万灯祭 2019」まとめ

今回行ってみて素直に思ったことは、「想像していたよりすごい!」ということと、時間内に全部まわりきれなかったので「時間がたりない!」ということです。

あと、休憩場所やゴミ捨て場などがたくさん設置されていて、来場者のことを考えているんだなぁ~というのがすごく伝わりましたね。

「絶対にまた行きたい!」し、「すごいから一回行ってみて!」とすべての人にオススメできる "日本のお祭り" のひとつだと思いました(*^^*)

 

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yakko

yakko

兵庫県在住、3人の子を持つママです! 子供が子供のうち(親離れする前)に家族とのかけがえのない思い出を作るべく、お出かけを楽しんでいます(*^^*)

-兵庫県
-,

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.