ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

静岡県

【幻想的】沼津港深海水族館レビュー|生物大好きな息子もシーラカンスに大興奮!

沼津港深海水族館は、東京からもアクセスしやすい静岡県沼津市にあり、珍しいシーラカンス展示があります。

ミスチルの歌詞にも歌われた『シーラカンス』、ワシントン条約のため正式展示を見るのは珍しいことなのだとか。

生物大好きな男の子がいるので、親子で一緒に沼津港深海水族館に行ってきました。幻想的で癒された空間の魅力をお伝えします。

「沼津港深海水族館」へのアクセス

沼津港深海水族館までは、自動車(自家用車)で訪れました。

愛知県から新東名高速道路を使いました。東名高速道路も利用できます。

長泉沼津ICから沼津に行き、30分程度。

日曜日に行き、到着したのが10時過ぎだったため、道路も混雑していました。

 

沼津港深海水族館の見どころ

冷凍シーラカンス

▲生きた化石ともいわれるシーラカンスは、1938年に南アフリカで発見され、幸せを呼ぶ魚と言われているようです。

シーラカンスの展示があり、ライトアップされたシーラカンスを見ることができます。

ワシントン条約の第Ⅰ類に指定されているシーラカンスを見ることが珍しく、正式展示が許された個体を見ることができます。

古代の海

▲シーラカンスの水槽はいくつかあり、こちらは古代の海。深い紫のライトは幻想的な深海をイメージしているようです。

▲カブトガニのオブジェもあり、どのようにシーラカンスが泳いでいたかが見てわかる水槽になっていました。

生物の進化研究室

▲水族館の係員の人が作ったと思われる、こんなシーラカンスのオブジェも!

解剖した時に体内から出てきたものが書いてありました。

▲黒板にチョークで説明が書いてあり、大人もためになることばかり。深海の不思議を学ぶことができます。

クラゲ展示

▲子供がいちばん喜んだのが、クラゲ展示。

水槽のライトが時間ごとに変化していき、白い色のクラゲの身体がぼんやり光るのが美しく感じます。

これはグリーンの光。

▲グラデーションで青い色の光になります。

▲クラゲも大きいもの、小さいもののほか、真ん中の「〇」の数が4つ、5つと違っていて、個体差があります。

「ヨツメクラゲ」なのですが、クラゲによっては「5ツメクラゲ」がいると係の人に教えてもらいました。

▲クラゲの数を数えて、「これは4つ!」「これは5つ!」と見つけていきます。

駿河湾大水槽

▲駿河湾は、日本一深い海で、様々な生物が住んでいます。代表的な駿河湾の生物を紹介しているのが「駿河湾大水槽」。カニや魚がたくさんいます。こちらもライトアップされていて、幻想的!

▲かっこいいカニは、タカアシガニだったかな。足が細くて長いです。

深い海

▲グローブのような厚みのあるヒトデの展示もありました。珍しい生物がたくさん住んでいることがわかります。

▲身体が透き通って透明になっているエビもいました。深海だからこそ、こんなに透明度が高い身体をしているんですね。

▲これはウニ。たくさんの生物を見ることができました。

浅い海・深い海

▲だまし絵のような魚も泳いでいます。どこに泳いでいるのかを見つけるのも楽しかったです。

クマノミ展示

▲ファインディングニモに出てくる、クマノミの展示もありました。

イソギンチャク展示

▲イソギンチャクもいました。

深海のプラネタリウム

▲ 真っ暗な部屋に入り、キラキラした魚を見ることができる深海のプラネタリウムは圧巻!肉眼で見ると、真っ暗な中に、ネオンのようにブルーに光った魚が見えます。

うみがたりの駐車場

問題だったのは、沼津港深海水族館に専用駐車場はなかったので、どこか停められる場所を探さなくてはいけなかった点。

沼津市内に到着したのが遅かったので、沼津港深海水族館前、さんさん通りから大渋滞。1台コインパークから出てきた車を目ざとく見つけて、そこに停車。少し歩きました。

ホームページには、「港八十三番地駐車場」や「港八十三番地第2駐車場」なら提携店舗の割引ができると書いてあります。

詳しくは公式ページをご確認ください。

参考アクセス :: 沼津港深海水族館

停車した駐車場は、さすよ亭の割引が使えると書いてありました。

 

沼津港深海水族館のトイレや手洗い場情報

水族館内にトイレは2階に1ヶ所。おむつ替えスペースは2階にあります。マルチトイレは2ヶ所あり、1階にも2階にもありました。

沼津港深海水族館内以外も、近くに食堂や寿司やさんがあり、そちらの店内にもトイレがあります。

沼津魚市場(株)が向かいにあり、そちらのトイレを利用しました。ウインドウショッピングしながらトイレに行きたい時は、近くのトイレも利用できます。

 

沼津港深海水族館に行ってみた感想まとめ

水族館は地元の水族館はもちろん、旅先でも興味があるようで見つけたら行っています。

日曜日に訪れて、東京を中心とした関東の来客が多かったからなのか、1階の「浅い海・深い海」は行列で、並んで見るように言われました。

人が多かったので朝早く訪れた方がよかったと感じます。駐車場も、幸運にもタイミングよく入ることができましたが、さんさん通りはゆっくり進んでプチ渋滞でした。

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
KIKO

KIKO

愛知県に住んでいるKIKOです。 小学校に入りたての女児、年中の男児を育てているママ。 子供の探求心を満たし、経験値を高めるべくおでかけしているものの、安くて親も感動できる穴場スポットを見つけるとママも嬉しくなります。

-静岡県
-

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.