兵庫県

新鮮野菜の直売所すぐ!書写中央公園に行ってきました♪

こんにちは!小坂あやみです♪

今回は、姫路の「書写中央公園しょしゃちゅうおうこうえん」に行ってきました。

 

ここは、2018年にリニューアルした比較的新しい大型公園です。

木登り風のツリー型遊具やカラフルな空・鳥・動物が描かれた大型遊具がぎゅっとまとまった、目にも楽しいスポットです。

また、広い芝生の中にあるので、小さな子がつまづいても安心。ピクニックにも最適です。

 

更にこの公園は、JAの直売所「旬菜蔵しゅんさいぐら」の近くにあり、帰りに新鮮なお野菜のお買い物もできるんです。

主婦にとっても嬉しい場所ですね♪

そこで今回は、6歳、2歳児がこの公園でどのように楽しんだのか、ご紹介します。

書写中央公園へのアクセス

メモ

【住所】〒671-2201 兵庫県姫路市書写634−65
【入場料】無料
【公式HP】https://www.city.himeji.lg.jp/shisei/0000004280.html

【車で行く場合】
今回、私は車で行きました。夢前川沿いを北に上がっていくと分かりやすいです。
姫路書写テニスコート、曽左小学校を目印に行きましょう。

【公共交通機関で行く場合】
最寄り駅の姫新線 余部駅から歩くのは不可能です。バスの場合、「曽左小学校前」が最寄りのバス停です。
但し、本数は非常に少ないです。

 

書写中央公園の駐車場

▲書写中央公園の入口は、初めての方には分かりづらいです。

※入口に看板がありますが小さいので見落とさないように。

▲駐車場は50台以上駐車可ですが、休日は満車になることもあります。

更に、一度入るとUターンしづらいのでご注意下さい。

▲すぐ隣は書写テニスコートの駐車場です。

私は最初、間違えて入ってしまいました…(^^;

 

書写中央公園の遊び場

▲対象年齢は6歳~12歳となっています。

うちの子は活発だからか、2歳でも充分楽しめました(もちろん親のアシストつき)。

ただ、よちよち歩きの年齢の子だと厳しいと思います。

▲駐車場から遊具までは少し距離があります。

着いたら、忘れないように荷物を運んでおいた方がよさそうです。

▲遊具の全体像です。森の中で遊ぶイメージでしょうか。

「めっちゃ おもろそう!」6歳児。

見た瞬間駆け出して行きました(笑)。

▲ツリー型の木登り遊具です。

この公園の遊具が「登る」動作が非常に多いです。

手足が鍛えられますね。

▲もぐらのボルダリング。

結構力が必要です。

▲こちらは、傾斜がゆるやかなので、2歳児でも登れました。

▲高さのあるはしごなので、見ている方は怖い!

でも、2歳児ひょいひょい登っていました。

▲ロープのトンネル。

足が挟まりながらも楽し気に登っていました。

▲滑り台も複数あります。こちらは一番傾斜が緩やか。

小さな子向きですね。

▲トンネル風滑り台はスピードが出ます。

▲こちらの滑り台も傾斜があるので、スピードがでます。

▲「はっぱクライム」という遊具です。

このタイプは初めて見ました。

比較的小さな子達がよろこんで登っていました。

▲人気のターザンロープ。

順番待ちの列ができていました。

お昼前後は比較的空いているようです。

▲キノコのオブジェ?

ちょこんと座っている子供達が可愛かったです。

▲長い遊歩道があります。

ジョギングに最適ですね。

▲公園には野球やサッカーができる広場が併設されています。

この日はサッカーの試合が行われていました。

 

書写中央公園の休憩場所

▲ベンチが多数と屋根付き東屋がちらほら。

ただ、日陰は少ないのでご注意を。

簡易テントとシートを持参している家族が多かったようです。

 

書写中央公園のトイレ情報

▲2018年リニューアルということで比較的きれいです。

オムツ交換台もあります。

ただし、紙は持参しましょう。

▲手洗い場はトイレの他は1か所でした。

 

JAの直売所「旬菜蔵」

▲書写中央公園に行ったらぜひ寄ってもらいたいのが、JAの直売所「旬菜蔵」です。

公園の道路を挟んで向かいにあります。

「旬菜蔵」の場所

 

▲姫路の特産品がずらっと並んでいます。

お土産にもいいですね。

▲もちろん新鮮なお野菜、果物もお安く揃っています。

▲小腹がすいたら、手作り炊き込みごはんやおにぎりはいかがでしょうか。

▲食券を購入してお店の中で食べることもできます。

野菜の豊富なメニューだそうです。

 

書写中央公園へ行った感想まとめ

①遊具が集約されているので遊びやすい

近隣の大型公園と比べて、ここの公園は遊具が一か所にぎゅっと集約されています。

そのため、「うちの子どこに行った!?」となる可能性は低いでしょう。

親にとっては、見守りやすく安心できる公園です。

②よちよち歩きの子には難しいかも

対象年齢は6歳からとなっています。

小さな子向けの遊具ではないので、よちよち歩きの子には難しそう。。。

でも、広い芝生で遊ぶだけでも楽しいですよ♪

③日よけが必要

屋根付きの東屋は数が限られています。

ぜひ、簡易テントを持っていきましょう。

広い芝生でピクニック、とっても気持ちがよかったです。

④行楽シーズンの休日は駐車場が激コミ

人気の公園とは聞いていましたが、日曜にの朝10時時点でほぼ満車でした!

(私はかろうじて停められましたが…)

特に、広場で試合が行われている日は要注意です!

旬菜蔵に停めて買い物をし、公園の駐車場が空いたら移動させる方もいるようです。

 

姫路の中心部からは少し離れた場所にある公園ですが、開放感のある芝生の中にある「森」のような大型遊具に、子ども達は喜ぶこと間違い無し!だと思いますよ♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-兵庫県

© 2020 ママいこっ♪