ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

北海道

【リニューアル中】「白い恋人パーク」でお菓子作り体験!8か月の娘も大満足♪

お菓子の家

「白い恋人」といえば、言わずと知れた北海道の銘菓。

濃厚なホワイトチョコがサンドされた、甘くて美味しいラングドシャです。一度は食べたことがある方が多いのではないでしょうか。

今回は、夫と生後8か月の娘と行った北海道旅行の最終日に、「白い恋人」の製造工場がある「白い恋人パーク」で遊んできました。

訪れた日は残念ながら、工場見学や白い恋人をデコレーションできる体験はリニューアル工事のためお休み・・・。(リニューアル工事の期間 2018.4.1~2019.7.11)

しかし、工場見学ができなくても十分に楽しめちゃうんです。

それは、大きなからくり時計や小さなおうち、ミニ鉄道など子供が大喜びする見どころがたくさんあるから。また、英国風の中庭にはきれいなお花が咲き、大人の目も癒してくれます。

わたしもメルヘンの世界のようなパーク内に、ワクワクしちゃいました。

「白い恋人パーク」は小さい子供から大人まで楽しめるテーマパークを目指しているようですが・・・まさにその狙い通り!

8か月の娘もこの日、初めてのお菓子作りにチャレンジしてご満悦。

それでは実際に行ってきた様子を紹介していきます。

白い恋人パークへのアクセス

<住所>
・北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36
・TEL:011-666-1481(9:00~18:00)

<白い恋人パーク>
・9:00~18:00

<地下鉄の場合>
・地下鉄東西線宮の沢駅下車(大通駅から約20分) 徒歩(7分)

<バスの場合>
・JR札幌駅前バスターミナルから(小樽行き)
・「西町北20丁目」下車 徒歩で約5分

<車の場合>
・JR札幌駅から約25分
・JR札幌駅から道道124号線(旧5号線)

・新千歳空港から高速で約60分
・新千歳空港から道央自動車道 札幌ジャンクション(新川インター出口約10分)

<駐車場>
・乗用車約130台
・駐車場料金:無料
・車いす用駐車スペース有

英国風な中庭がお出迎え

▲敷地内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが広いお庭です。

レンガ敷きになっていてお洒落。置物などにもこだわりが感じられます。

こちらはローズガーデンになっていて、時期になると見ごたえがありそう。

後ろに写る大きな建物がリニューアルしている部分。スイーツが食べられるカフェがオープンしたり、チョコレートづくり体験が出来るようになるそうです。

7月のオープンに向けてHPで予約を開始していました。

▲こんなミニチュアなお家も。

子供も大人も「このおうちいいね~」などと言いながら一軒一軒見て回ります。

▲薔薇は咲いていませんでしたが、カラフルなイースターエッグとパンジーの花壇がきれいでした。

こちらの花壇は裏から回ると、イースターエッグの間から顔をだせるようになっていました。ちょうど親子が顔を出していますね。

お花に囲まれた素敵な写真が撮れそうです。

毎時0分に動きだすからくり時計が楽しい!

▲「白い恋人パーク」のシンボルになっている札幌からくり時計塔です。

写真中央部のステージで可愛い動物たちの人形がパレードをしています。ステージの右下にはラッパ吹きのコックさんの人形が!

愉快な音楽で娘もノリノリ。

▲向かって右側の建物からはコックさんたちのコーラスが聞こえてきました。

実はこのからくり時計、時計塔だけでなく中庭全体に仕掛けがあるんです。時計塔を見上げていると、突然足元のお花が歌い出したりするんですよ。

動き出すまでは本物のお花にまぎれているので、「まさかここに仕掛けがあったなんて!」と楽しい発見をすることができちゃいます。

▲お家のオブジェから3匹の子豚が出てきたり、土の中からモグラのポリスが出てきたり。

それぞれが歌を歌ったり、なにやら喋ったりしていて、ひとつずつ見て回りたくなります。

▲クライマックスには風見鶏の休憩所の屋根からシャボン玉が!

子供達が大喜びでシャボン玉にタッチしていました。

とにかく仕掛けが盛りだくさんで、見応えあり!毎時間見たくなっちゃいますね。

白い恋人鉄道

▲人気アトラクションの白い恋人鉄道です。

北海道で初めて運行した蒸気機関車「弁慶号」がモデルになっているそうで、機関車好きにはたまりません。

白い恋人パークの園内を約10分かけて走ります。

▲お菓子の家の前を通ると楽しい仕掛けが始まります。

他にもトンネルの中に入ったり、ちょっとした冒険気分を味わうことができますよ。

▲こちらの白樺駅でチケットを購入します。

この日はG.W.で大混雑。チケットを購入してから、乗車するまで1時間以上待ちました。しかしその間、館内を見て回ったり、好きに行動できるのがありがたかったです。我が家はお土産を購入しながら待ちました。

▲チョコレートシェイクとソフトクリームで一息。

白樺駅の隣の売店で売られています。さすが「白い恋人」!そのブランド名に恥じない濃厚さでした。

他にもメロンパンソフトなど、魅力的なメニューが揃っていましたよ。

白い恋人鉄道

<運行時間>
9:20~17:20(20分間隔で運行)
<運賃>
・大人 300円
・12才以下 200円
・2才未満 無料
<所要時間>
・約10分
・定員 30名

館内の様子

▲リニューアル中のため、館内が縮小されています。入り口から混み合っていました。

▲入るとすぐにクリオネがいます。

館内にはお土産やさんやレストランがありますが、どこも混雑...。

繁忙期に訪れる際は、昼食など早めに行動することをお勧めします。

▲遊具が豊富に揃うキッズスペースもあります。

キッズスペース情報

<営業時間>
9:00~17:30(最終受付は17:00まで)
<場所>
チュダーハウス 2F
<対象年齢>
0才~8才まで(12才まで入場可)
<料金>
おひとりさま30分200円(税込)(0才児無料)
延長30分毎に200円(税込)
2階:ままごとエリア/絵本エリア
3階:お絵かきエリア/ベビーエリア

ガリバータウン

今回は時間が足りなくなり行けなかったので写真はありませんが、白い恋人パークから道路を挟んで隣の敷地に「ガリバータウン」というテーマパークがあります。

ミニチュアのお家やお店が並んでいて、その中でお店屋さんごっこやおままごとができるようになっています。入場する際にもらえる600ガリバーという仮想通貨で、衣装をレンタルすることができたり、ヘアセットがしてもらえちゃうんです。

注目してほしいのは以下のこと。

ガリバータウンの入場券には、先ほど紹介した「白い恋人鉄道のチケット」や、「キッズパークの30分利用券」がついてくるんです。

一日中白い恋人パークで遊ぶ際には、まずガリバータウンで遊んでから、白い恋人パークに行くとお得に遊べますよ。

施設利用料金

12才以下:800円(税込)
13才以上:700円(税込)
◎仮想通貨 600ガリバー(300円分)
◎キッズタウン30分(200円分)
◎白い恋人鉄道1周(大人300円分、子供200円分)
上記の内容が料金に含まれています。
※1才以下は入場無料。
※名誉会員様は入場無料。(仮想通貨ガリバーは別途購入が必要。)
※札幌市民の方は証明書のご提示で100円引き。
<営業時間>
10:00~17:30(最終受付は17:00まで)

8ヶ月の娘がお菓子作りにチャレンジ!

▲クッキーに似顔絵を描く体験をしています。

館内が混雑していたため、一通り見て回ったら、もう一度外で遊ぼうと話していると、「簡単なお菓子作りの体験はいかがですか?」と声をかけられました。

顔型のクッキーにチョコペンで似顔絵を描く体験です。期間限定で行なっているイベントのようでした。

料金は1つ800円。

時期はちょうど母の日と父の日の前。夫とわたしの両親にプレゼントを渡す時に、娘からということで渡すことにして、早速やらせていただくことにしました。

エプロンをつけなければならないので、抱っこ紐で前向きの抱っこをして、娘の首にエプロンをつけます。

チョコを舐めてはいけないので、娘の手にわたしの手を添えていざ!

▲できました。

まあ、こうなりますよね。想定内です!

それでも、愛情はたっぷり。

当の娘はというと、ニッコニコで足をバタバタさせながらチョコペンを絞り出していました。

両親に渡す時に、体験している娘の写真とムービーを見せると、大喜びで受け取ってくれて大成功。夫とわたしにとっても、ステキな思い出となりました。

こちらのイベントが終わっても、時期ごとに色々なイベントを開催するようなので要チェックです。

授乳室の様子

▲完備されています。清潔感がありました。

「白い恋人パーク」に行った感想

実は何年か前にも来たことがあった「白い恋人パーク」。その時は正直、お菓子作り体験ができるただの製造工場という印象でした。

しかし、久しぶりに行くと、一日中遊べるテーマパークへと変貌を遂げていてびっくり!

お金がかかる体験や、鉄道などももちろん楽しいですが、無料で入れる中庭で繰り広げられる仕掛けたっぷりのからくり時計を見るだけでも充分満足できます。

今回はリニューアル工事中とのことで、施設が縮小されていましたが、それでも飛行機の時間までの3時間では足りないくらい充実していました。

リニューアルされる2019年7月11日以降は更に魅力的なテーマパークになるんじゃないかと思います。

また北海道に行った際には立ち寄ってみようと思います。

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おこめママ

おこめママ

東京都在住。アクティブなパパと0歳の娘を楽しく子育て中♪週末には関東圏内のレジャー施設によく出没します。旅好き一家で、娘が生まれてからも南は奄美大島、北は北海道まで飛び回っています。赤ちゃんに無理をさせない旅をモットーに、これからの旅先も計画中♪

-北海道
-,

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.