ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

茨城県

犬だらけ「つくばわんわんランド」レビュー|犬だけじゃない?ねこハウスも!

こんにちは! たぁママです♪

茨城県にある「つくばわんわんランド」に行ってきました。

その名の通り犬だらけのテーマパークです。

「とにかく犬が好き!」という人はもちろん、「飼いたいけど飼えない人」や、いろいろな犬種を見てみたい人にうってつけですよ。

また子供の遊べる遊具もあるので、のびのび遊ばせてあげることもできます。

つくばわんわんランドへのアクセス

メモ

【住所】〒300-4353 茨城県つくば市大字沼田579
【開園時間】
・3〜10月:10:00〜17:00
・11〜2月:10:00〜16:00
【休園日】木曜日
【公式HP】https://wanwan-land.co.jp/

千葉方面から下道で行きました。

筑波山のすぐそばにあり、目印は巨大な犬のオブジェです。

▼ 詳しいアクセス情報はこちら
交通アクセス | つくばわんわんランド
交通アクセス | つくばわんわんランド

車でお越しの場合 東京方面から 首都高速6号向島線、首都高速6号三郷線、常磐自動車道に進み、『谷田部IC』にて常磐自動車 ...

続きを見る

つくばわんわんランドの駐車場

▲およそ1,000台停められる広い駐車場があります。

入場口付近は舗装されていますがそれ以外は砂利の駐車場です。

駐車料は無料ですのでお財布にもやさしいですね。

つくばわんわんランドの入園料

・大人(中学生以上)1,500円
・小人(3歳〜小学生)700円
・乳児(3歳未満)「無料」
・シルバー(65歳以上)750円

【障がい者手帳をお持ちの方】
・大人(中学生以上)750円
・小人(3歳〜小学生)350円

※同伴犬「無料」

利用料金 | つくばわんわんランド
利用料金 | つくばわんわんランド

個人でご利用のお客様 大人(中学生以上) 1,500円 小人(3歳〜小学生) 700円 乳児(3歳未満) 無料 シルバー ...

続きを見る

お得な割引多数!!

入園料1,500円はちょっと高いなと正直思っていましたが、探すとお得に入れる方法が多数ありました!

それに入園してからは、一部を除き「無料」で遊べます!

  1. 誕生月は入園料半額!※身分証の提示が必要です
  2. Web限定クーポンで入園料半額!
  3. 15時以降の入園で、入園料半額!
  4. JAF会員優待割引で、大人300円OFF、小人200円OFF!※身分証の提示が必要です
WEB限定クーポンはここからゲット
WEB限定クーポン | つくばわんわんランド
WEB限定クーポン | つくばわんわんランド

下記アンケートに回答頂き、入力内容を確認後、「クーポンをGET」ボタンを押してください。アンケートフォームにご入力された ...

続きを見る

▲入口にイベントスケジュールが書いてあります。

時間をチェックして行動予定を決めましょう!

つくばわんわんランドの見どころ

可愛いウェルカム犬がお出迎え♥

▲入口のところではウェルカム犬が出迎えてくれました♪

人懐っこくて可愛い♥

さっそく心を奪われました(^-^)

中に入るのがワクワクします!

ちなみに、帰る時は別の犬になっていたので、時間で交代しているようですよ(^-^)

▲入園してすぐ汽車の乗り物がありました。

犬たちと触れ合う前に子供たちにロックオンされました(ノω<;)

1回200円で2周回ります。

▲犬の豆知識を紹介する看板が園内にいっぱい!

「へぇ、そうなんだぁ」と見入ってしまいました。

入口すぐにある「わんぱく広場」

▲あまり広くありませんが、滑り台やブランコ、ハンモックなどがある広場です。

目の届く広さなので、チョコチョコする子供を遊ばせるにはちょうどいいです。

犬だけではありません。「ねこハウス」も大好評!

▲犬だけかと思いきや、猫と触れ合える場所もありました!

入場は無料です。

▲日曜日に行きましたが入場規制がかかっていました。

1回で入場できるのは30人とのこと(ざっくりだと思いますが…)。

前の組が終わるまで向かいの待合スペースで待ちます。

▲中にベンチが並んでいるので前方から順に座って待ちます。

子供たちはおとなしくできなかったので、すぐ近くにある「わんぱく広場」で遊ばせていました。

係の人が来ると、注意事項を説明されます。

気性の荒い猫ちゃんにはバンダナ、ゲージの子は休憩中なのでタッチ禁止など教えてくれるので、子供に触らせるときに気をつけてあげてくださいね!

▲入口にはスリッパと消毒液が用意されています。

自由に動き回っている猫ちゃんが20匹くらいとゲージにいる猫ちゃんが10匹くらいいました。

こんなに触っても逃げないなんて、ホントに人馴れしてます。

▲バンダナ猫ちゃん発見!

「危険」と言われたけど、撫でたらのどを鳴らして喜んでくれました。

毛がモフモフで気持ちよかったぁ(◍ ´꒳` ◍)

豆知識として、猫ちゃんが尻尾を振っているときは嫌がっているサインなんですって!

知りませんでした。

▲せっかくなのでえさをあげてみましょう!

えさはガチャガチャに入っていて1回200円

んー…開けてみるとこれだけ!?

まぁ滞在時間や猫ちゃんたちの食事量を考えたら、この量でちょうどいいかもしれませんが、200円は少しお高いかなという感じ。

▲しかし、子供たちは自分たちの手から食べてくれる猫たちを見て満足そう♪

「ベロがざらざら~!」はじめての感覚にビックリしたようです。

わんちゃんを抱っこしよう!「わんわんパーク」

▲撫でたり抱っこしたり自由にできる、ふれあい広場です。

こちらは無料で遊べます!

小型犬・中型犬がいるところと、大型犬の行くところで場所が分かれています。

上の子は大型犬の方へ、下の子は手始めに小型犬のほうへ連れて行きました。

▲壁際にベンチがあるだけで、真ん中は無数のワンちゃんたち!

50匹くらいいるのではないでしょうか!

数の多さに、犬好きの私でも一瞬ひるみました(笑)

▲犬種もさまざま、モップみたいな子やモヒカンヘアのユニコーンみたいに毛を染めている子。

個性的ですよね♪

同系列にペット専門学校があるので、どのワンちゃんもきれいにトリミングされており清潔です。

人間大好きな子ばかりで、自分から来てくれます。

ちょっと乱暴に触ってしまう娘にも、唸ったりすることなく抱っこさせてくれました。

この中の子が、次に行くショーやわんわんレンタルでお散歩体験ができたりもするそうです。

常連さんは、ブランケットを持参しお気に入りの子をひざで抱っこして可愛がっていました。

見学無料!頑張る姿が愛らしい♥1日2回の「わんわんショー」

▲時間になり、わんわんショーを見に行くことに。

無料で見ることができます。

まずは6頭のワンちゃんたちによるレース!

▲一位を当てるゲームに挑戦できます(1回500円)。

係の人が客席を回るので、お金を払い予想した番号を伝えると、可愛いマスコットキーホルダーに番号シールを貼ってくれます。

当たると景品がもらえます。

はずれてもマスコットはもらえるので、記念に挑戦してみるのもいいですね!

さて、誰が一番になるかなぁ。

▲よーいドンっ!でレーススタートです。

他のワンちゃんたちが一瞬で走り去る中、息子の選んだ子は驚くほどのマイペースさでダントツビリでした(ノω<;)

トレーナーさんとの息がぴったり!「わんわんステージ」

▲ドックレースに引き続き、トレーナーさんとワンちゃんの息のあったステージ!

ステージ前のベンチに移動し間近でパフォーマンスを見ることができます。

▲今回は、いくつかの技に挑戦してクラスの学級委員長を決めるという設定。

輪投げや枠繰り、縄跳びに挑戦していました。

子供たちも「がんばれー!」と立ち上がって声援を送っていました。

▲優等生にお調子者といろんな子がいて、失敗しても可愛くで許しちゃいます(笑)。

トレーナーさんの、

「ふざけないで~、もう少し一緒に練習してこようね~!そんなところも好きだよ~!」

という声がけに、ワンちゃんへの愛情を感じほっこりしました(◍ ´꒳` ◍)

世界最大の木造犬がいる「もっくん広場」

▲この巨大な木造犬「もっくん」は、高さ11メートルもあるんです。

わんわんランドのシンボルとも言えます。

▲お尻が入口で、中に入ると展望台になっています。

周りに高い建物が何もないので、見晴らし最高!!

▲小型版のもっくんが中にいました。

なんだか奉られているみたいw

園内でお散歩中のワンちゃんに遭遇!

▲園内を歩いていると、お散歩中のワンちゃんにたくさん出会えます。

飼育員さんに質問したり、芸を見せてもらったり♪

▲皮がダルダルの大型犬。

首もほっぺも皮だらけ(笑)。

こんなに大きいのにまだまだ子供だそうですよ!

遊具もいっぱい!「だっくん広場」

▲2016年にリニューアルし、新しくなったそうです。

広いスペースに遊具やアスレチックがあり、子供も犬も元気いっぱい走り回れる場所です。

このだっくんの中にも登ることができるので、お腹ののぞき窓や背中から顔を出して見渡すことができます。

▲だっくんから見た景色です。

紅葉している筑波山が目の前に!!

▲ベンチも数多くあるので、じぃじたちも座って孫たちの様子を眺めていました。

▲山の斜面を利用した長い滑り台。

すべりも良好で、子供たちの列があとを絶ちません。

▲我が子たちは、この秘密基地のようなアスレチックが一番のお気に入りになったようです。

木製の螺旋階段を登ると第一展望台、さらにはしごを登ればとても高い第二展望台があります。

上の子ははじめてのはしごを登ったはいいけど、「怖くて降りられない~!助けて~!」と泣く始末。

それに引き換え2歳の娘は、勝手に登ってしまい母がオロオロしてました。

1回登ればもうへっちゃらのようで、帰ろうといっても降りてきてくれません!

やりたかったぁ~「わんわんレンタル」

時間がなくて今回できませんでしたが、本当にやりたかったのが「わんわんレンタル」1,000円/20分で園内をお散歩体験できます。

今のところ犬を飼えない環境なので、子供たちに体験させてあげたかったです(;_;)

お散歩は、先ほど遊んだだっくん広間で自由にできます。

食事ができる「わんわんキッチン」

▲食事を売っているのはここだけです。

注文の仕方は食券制。

うどんや焼きそば、カレー、から揚げなどがあります。

小さいお子さんで食べられないものがある場合は持参したほうがいいですね。

※平日はともかく、休日の昼時になるとお客さんが集中して混み合いますのでご注意ください。

▲食事の取れるベンチがたくさんあります。

屋根つきのところも多いので、お天気が悪くても大丈夫ですよ。

子供椅子はありませんでした。

▲「わんわんキッチン」の近くに自動販売機コーナーがあります。

最後までお見送りしてくれる♪

▲左のシベリアンハスキーは、わんわんレースショーにも出場していた子です!

最後までお見送りをしてもらい、すっかり犬好きになった子供たちでした。

「つくばわんわんランド」の休憩場所

▲わんわんステージのそばに、エアコンも付いている授乳室あり。

中で休憩もできます。

▲授乳スペースは1組用です。

オムツ替えシートとオムツを入れるビニール袋、椅子が備わっています。

つくばわんわんランドのトイレ情報

▲清潔で子供も使いやすいトイレでした。

「つくばわんわんランド」へ行った感想

次回行くときの準備等

今回行ったのは日曜のお昼前でした。

到着するなり、入れ違いで帰る愛犬連れの人もちらほら・・・。

愛犬は無料で入れるのもあってか、お散歩がてら中の広いスペースで遊ばせにくる人もいるのかもしれませんね。

トイレは2箇所あり、列をつくるほどではありませんでした。

授乳室もあるので、赤ちゃん連れでも心配要りません。

食事を売っているところが1箇所しかないのが残念です。

平日ならいいですが、週末のお昼時にはどうしてもお客さんが集中してしまうので、時間をずらしたりの工夫が必要ですね。

売っているものも定番メニューですので、食べられるものが限られる人は持参をオススメします。

テーブルセットは園内にたくさんあるので、座れないということはないでしょう。

子供椅子はないので、椅子に座れない子はベビーカーがあるといいかもしれません。

所在している場所が山の麓で田舎な場所なので、近くにお店があまりありません。

外で食事を考えたりコンビニで買っていこうと考える場合は、事前に場所を確認しておくといいですよ。

自動販売機は充実しているので、飲み物は不要です。

また、こちらで遊ぶときは服装に気をつけたほうがいいと思いました。

しゃがんで撫でたり、ひざに乗せたり抱っこしたり、ワンちゃんたちからも掛け寄ってくれるので毛がついたり汚したりします。

動きやすい格好で、白地の物やデリケート素材のものはあらかじめ避けておくといいでしょう。

持参するものとして、ハンカチよりタオルを持っていくことをオススメします。

手洗いスペースが至るところにあり洗う回数が多いので、タオルがビシャビシャになりました。

ハンドタオルが数枚あると安心です。

まとめ

入園するとほとんどのものが無料で楽しめ、あっという間に1日が過ぎてしまいました。

長男はわんわんレースで負けたのがよほど悔しかったようで、「シンタロウ君(犬の名前)なんで遅かったんだろう~、ご飯食べ過ぎたのかなぁ?」と敗因を分析していました。

いまだに話しています(笑)。

口数少ない娘も「わんわ、いぃこーした♥」と一生懸命伝えてくれました!

遊具の豊富で汗だくになって走り回った子供たちは、車に乗るなり爆睡…(-_-)Zzz 中にいるワンちゃん猫ちゃんもみんな人懐っこく、小さい赤ちゃんでも安心して連れて行けます。

私たちはワンちゃんたちに癒され、ワンちゃんたちはたくさんの人に遊んでもらえるから嬉しいし…とてもいい関係ですよね!

次行くときは、今回できなかったお散歩体験と子犬見学ができたらなと思っています。

今度はどんな子に出会えるのか楽しみです♪

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-茨城県
-,

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.