京都府

【穴場】京都イルミネーション「TWINKLE JOYO 2019」に行ってきました!

こんにちは! いろことママです♪

今回は「光のページェントTWINKLE JOYO2019」に行ってきました!

城陽市にある「鴻ノ巣山運動公園こうのすやまうんどうこうえん」で開催しているイルミネーションイベントです。

 

※鴻ノ巣山運動公園のレビュー記事はこちら

参考
140mの超ロングスライダーがある!城陽市「鴻ノ巣山運動公園」レビュー

こんにちは! いろことママです♪ 京都府城陽市にある、「鴻ノ巣山運動公園こうのすやまうんどうこうえん」に行ってきました! ...

続きを見る

城陽市の地域活性化のために、2002年から毎年行われています。

京都府民のみならず県外からも多数来られ、去年の2018年には16万人も訪れるほどの盛況ぶり!!

2歳の娘も「ピカピカ!!きれい!!」と大はしゃぎ♪

「ジョミナリエ」とも言われる壮大なイルミネーションを家族で堪能したのでレポートします★

「TWINKLE JOYO」会場へのアクセス

メモ

【住所】〒610‐0121 京都府城陽市寺田奥山1番地
【車の場合】京奈道路「城陽インター」から約5分
【バスの場合】近鉄京都線「寺田」駅より、バス「プラムイン城陽」行き「プラムイン城陽」下車

アクセスは鴻ノ巣山運動公園と同じです。

わが家は出先の帰りに立ち寄ったので車でしたが、大変混雑するので公共交通機関が望ましいです。

臨時バスが用意されているので、利用するといいかと思います。

▲バスは大人150円、小人80円です。

「近鉄寺田駅」→「JR城陽駅」→「会場」までの運行となっています。

「TWINKLE JOYO」の駐車場

一番会場に近いのは公園の両サイドに設置されている、第2・3駐車場です。

警備協力金として500円必要です。

ただし初回のみ。次回以降はフリーパス券が配布され提示することになります。

その他、A ~ E の臨時駐車場が解放されています。

臨時駐車場は無料ですが、ちゃんと警備員の方はおられました!

▲私たちはBに停めましたが、そこからで徒歩10分くらいです。

山の中の公園なので坂道が多く、また街灯も少ないです。

携帯のフラッシュなどを利用し、防寒を徹底してください!

トータル1000台ほど駐車スペースが用意されているそうです。

あまり知られていない or 歩く距離があるからか、無料の方が空いていますよ!

TWINKLE JOYOのレビュー

基本情報

期間:2019年12月1日~12月25日(期間中無休)
時間:17:30~21:30
料金:運営協力金として1人100円
内容:イルミネーション、屋台、ステージイベント

多くの人が訪れるにも関わらず、敷地が広いので分散されて混雑することもありません。

わが家は土曜日に行きましたが、休憩スポットや写真撮影も問題ありませんでした!

寒い&子連れなので、待ち時間が発生しないのは有り難かったです。

おすすめポイント

  • 広大な敷地に、これでもか!というほどのライトアップ★
  • インスタ映えのスポット多数♪
  • 20店舗もある屋台!

屋台とステージイベント

会場への入り口は2か所あります。

Bの臨時駐車場に停めたので、屋台側から入りました。

▲募金箱のように、協力金の箱が設置されています。

▲ライトアップされた光のトンネルを進んでいきます。

▲60mほどあるそうです!

この時点で子供たちは「キャー!!」と喜んでいました(笑)

▲屋台が見えてきました。

▲先ほど通った光のトンネルも見えています。

▲焼きそば、みたらし団子、餃子、ホットビール、たこ焼き、りんご飴、カレーなど、いろんな物が販売されています(目移りしちゃう!!)。

▲寒かったので、おでんから足が動かず(笑)

▲子供にうどん、大人におでんを購入♪

▲屋台と屋台の間に席が用意されています!

▲雑貨屋さんもありました。

▲子供に一番人気だったのは光るおもちゃ屋さん。

▲屋台から階段を降りるとステージがあります。

▲ダンスやバンドなど飲食を楽しみながら聞くことができます。

飲食店から雑貨、城陽市の特産品などがあり、子供からご年配の方まで楽しめます。

テーブルや椅子がたくさん用意されていましたが、椅子取りゲーム状態です。

階段などに腰かけて食べている方もいました。

とにかく寒い!ので、温かいものを食べて風邪をひかないようにしてくださいね。

イルミネーション

圧巻のイルミネーションは、65万球を使っているそうです!

友人に写真を見せると、「どこ?!」と必ず聞かれます(笑)

▲本部側の入り口です。

▲イルミンというイベントキャラクターのライトアップ。

▲ウェルカムボードもありました!

▲階段をあがると、知る人ぞ知る「じょうりんちゃん」。

城陽特産のイチジクをモチーフにしたゆるキャラです。

▲進んでいくと、子供たちが好きそうな動物ものがたくさん!

▲プレゼントボックスとハートの写真スポットです。

▲きれいなアーチもたくさんあります。

▲高校の美術部の作品も!

▲こちらも高校の作品。娘は逆光ですが何だかカッコいい!

▲かなり大きな企業さんの大型パネルもあります。

▲清水の舞台

▲奥には牛若丸の弁慶が光っていました!

▲お稲荷さんの鳥居も美しかったです♪

▲たくさん鳥居が用意されていました!

▲池に反射する光も見ごたえ抜群!

▲もみじのライトアップも幻想的。

▲カップルに一押しな写真スポット!

▲ロゴスランドが出しているテントなども光っていました!

関連記事
何もかもオシャレ!京都「LOGOSLAND」室内施設レビュー

京都府城陽市にある「LOGOSLAND」に行ってきました! LOGOSLANDは、2018年にオープンしたばかりの施設で ...

続きを見る

▲ミニチュアハウスもたくさんありました。

▲カラフルなライトが可愛い(^^)

▲皆さん! I ラブ JOYOになりましょう!!笑

▲空気の入ったちょっとした遊具もありました。

 

300円で遊べます。

TWINKLE JOYOのトイレ

臨時のトイレや仮設トイレの設置はありませんでした。

出入り口は2か所あると記載しましたが、本部側の入り口にトイレがあります。

▲変わりやすく案内が出ていました。

▲比較的新しくきれいなトイレ。多目的トイレもあります。

もしイルミネーションを観覧中トイレに行きたくなった場合は、他2か所(スライダー先の展望台・バンクーバー砦)にもあります。

鴻ノ巣山運動公園の記事参照
140mの超ロングスライダーがある!城陽市「鴻ノ巣山運動公園」レビュー

こんにちは! いろことママです♪ 京都府城陽市にある、「鴻ノ巣山運動公園こうのすやまうんどうこうえん」に行ってきました! ...

続きを見る

2か所とも出入り口からは離れているので、イルミネーションを観る前に入り口のところで済ませておくといいかと思います。

「TWINKLE JOYO」へ行った感想まとめ

イルミネーションがかなり本格的で、上も下もキラキラしています!

京都にはいくつかイルミネーションスポットがありますが、間違いなく上位に食い込むと思います。

規模も大きく、カップルでデートや家族でのお出かけにピッタリ。

毎年どんどんバージョンアップし、より大掛かりになっています!

目が奪われて足元がふらつくことも多々ありました。

会場内はでこぼこ道や、坂道、落ち葉などもあるので、小さい子には少し危険です。

手を引いてあげて、転ばないようにしてあげてくださいね!!

話題のアイテム

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-京都府
-, ,

Copyright© ママいこっ♪ , 2020 All Rights Reserved.