ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

宮城県

東北最大級!「仙台うみの杜水族館」見どころ全部レビューします!

  1. HOME >
  2. 北海道・東北 >
  3. 宮城県 >

東北最大級!「仙台うみの杜水族館」見どころ全部レビューします!

宮城県仙台市にある、仙台うみの杜水族館へ遊びに行ってきました!

ここは2015年にオープンした比較的新しい水族館で、日本の海はもちろん、世界の海、東北の海、独特な三陸の海の感じも味わえる、ちょっとユニークな水族館です。

イルカやアシカのショーもその都度変わって、季節に合わせてイベントも盛りだくさん。

子供がたのしい砂浜エリアや水遊びができるスペースも!

何度行っても飽きることなく楽しめます。

今回は「うみの杜水族館」の見どころを、施設の情報などとともにご紹介します。

仙台うみの杜水族館へのアクセス

〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6

電車の場合

仙台駅から出ているJR仙石線 中野栄駅を降りて、そこから無料シャトルバスが運行しています。

バスの所要時間は10分ほどなので、頑張れば歩いて行くことも可能です。

▲ロータリーで待つバスは30分おきに出発。

季節により運行時間が異なりますので、事前に確認しておくと良いです。

発車前には係りの方が外で案内してくれています。

車の場合

仙台東部道路 仙台港ICを出てすぐです。

一般道からだと、産業道路沿いに白い建物が見え、案内看板も出ています。

▲外観はこんな感じ。

仙台うみの杜水族館の見どころレビュー

▲入ってすぐは東北の海。下からマボヤとサメのお腹がお目見えします。

▲太陽光が降り注ぐ巨大な水槽には、マイワシの群れやマダイ、マフグ、エイなど、まさに三陸の海を表現したような美しさ。

マイワシの群れに魚が突っ込んでいく様子は迫力満点です。

▲これぞ東北ならでは!

海女さんてこんな感じなんですね。

▲穴から覗いてカメラのマークにカメラを当てて撮ります。

どんな写真が撮れるのかは撮ってみてのお楽しみ。

▲展示の中へ入って行けて魚やタニシ、カニなどの動きが至近距離で見ることができます。

▲ガチャガチャのカプセルに鯉のエサが入っていて、エサやりを楽しむことができます。

▲そしてエサを待っている鯉たちがこちら。

・・・引くくらいの迫力…(^^;

鯉がエサに夢中になり過ぎて暴れて水を掛けられることもあります。

▲ずっと観ていられる熱帯にいそうなカラフルな魚たち。

「ニモ」っぽいのや「ドリー」っぽいのもいました。

▲ビーバーのエサの時間に出くわせました。

警戒心もなくずっとプカプカ浮きながらなにやら食べていて、癒されました。

▲イルカ & アシカのショー

前列の人たちがカッパを着て完全防備なのは、この日夏のイベントでこの後このイルカさんたちが水を掛けまくるからです。

▲動物に触れ合える体験型イベントが多いので、ちゃんと手洗い場が設置されています。

新エリア!「ちいさなリスのくに」

水族館なのになぜリスが? と思いますが、これが実は大人気なんです。

▲この秋リニューアルオープンしていたリスの展示です。

▲なんと、入り口を入ると格子や柵もなく、リスは自由に私たちの足元を走り回ります。

大丈夫なの……? と始め思いましたが、リスも慣れているのでしょうか、心配することもなくただただ可愛いリスを見ることができました(笑)

食べる姿や動く音が間近に感じられて大興奮!

▲出入り口には係員さんがいて、リスが逃げていかないようにドアの開け閉めを管理しています。

ちいさなリスのくにのルール

  • 木の実などをあげないで!
  • さわらないで!かまれます
  • フラッシュ撮影はやめてね

その他にも「リスが登ってきたら、ジャンプをすると自分でおりてくれるよ」とあって、登ってくることもあるのか? とドキドキしました。

ベビーカーは入れないとのことです。

仙台うみの杜水族館の遊び場情報

▲磯場を再現したうみの杜ビーチ。

サラサラの砂と水遊びができます。

衛生上、オムツのお子さんは入れませんとのことです。

▲うみの杜ビーチで遊んだ後はここで洗えるようになっています。

何から何までありがたいですね。

仙台うみの杜水族館のフードコート情報

▲1階フードコートは仙台ならではの牛タンや、ラーメン・カレーなどのキッズメニューもありました。

お弁当の持ち込みはイルカショーが見られるうみの杜スタジアムのみだそうです。

▲フードコートの端には赤ちゃんものびのびできるフリースペースがありました。

仙台うみの杜水族館の駐車場

約800台駐車可能です。

繁忙期にはその他に臨時駐車場を設けることもあります。

駐車場の出入り口は警備員さんが立っていてくれて、誘導してくれるので安心です。

建物前の広場だけでもだいぶ広いので、駐車場遠くに停めると水族館入り口までけっこう歩くことになります。

▲やはり近くから埋まっていきますが、時間帯によっては帰る人の車が出て、近くに停められることも。

▲ちなみに私は、天気が良かったので自転車で行きました。

駐輪場も完備です。

仙台うみの杜水族館のトイレ情報

2階建ての建物の中には各階に2箇所トイレがあります。

混雑時には多少並ぶこともありますが、ショーの最中やイベントの時間などは比較的空いているので、タイミングをみて早めにトイレ休憩をとっておくといいですね。

▲イルカのショーエリアの近くのトイレです。

男子トイレ女子トイレの他に多機能トイレもあり、赤ちゃんのオムツ替えや、靴を脱いで着替えることもできます。

▲トイレに隣接して個室の授乳ルームもありました。給湯シンクも完備です。

こちらは1階と2階に1室ずつになります。

▲なんと、外にも1箇所トイレがあります。

帰り際にトイレ行き忘れた!なんて時にもありがたいですね。

仙台うみの杜水族館に行ってみた感想

昼間はイルカのショーでビッショビショになれたり、夜はライトアップしたショーなど、いろいろなところでお客さんが楽しめるようにすごく工夫を凝らしている感じでした。

別途料金がかかりますが、ペンギンのエサやり体験や、イルカと写真が撮れるプログラム、バックヤードツアーなども行なっていて、大人も子供も、いつ来てもいろいろな楽しみ方ができます。

動物と触れ合えたり、砂や水遊びもたくさんできるので、お子さんには着替え、タオルはあった方が思い切り遊べますよ。

その他にも、ベビーカーの無料貸し出しや、コインロッカー(有料)があったりと、子供連れの方にもとってもやさしいレジャースポットだと思いました。

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
sayu

sayu

宮城県在住の7歳と4歳の子を持つ母です。 本来は根っからのインドア派。のんびりするのが大好きなのですが、遊び盛りの子ども達の笑顔のため外へ外へと日々奮闘中です。

-宮城県
-

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.