ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

神奈川県

山手234番館「花と器のハーモーニー2019」イベント開催中に行ってきました!

▲テラス部分は当時「サンルーム」のような使われ方をされていました。かつては、室内にあったそうです。山手234番館邸の前にはバス停がありアクセスしやすい環境です。

 

こんにちは。こあらやこざるです。今回は横浜市山手にある「山手234番館」へ行って来ました!

「山手234番館」は当時の歴史を知るのには適した建物です。

土日は特に当時の生活や建物を観るために多くの方がいらしています。

山手234番館は一見当時の一軒家に見えますが、昭和2(1927)年頃に外国人向けのアパートとして建てられました。関東大震災の復興事業のひとつとして「人を集めて横浜を活性化したい」という意図の元、設計されました。

設計者は、「朝香吉蔵」という方でお隣に建つ「山手89-6番館」(現「えのき邸」)も同じ設計によるものです。

山手234番館へのアクセス

山手234番館

所在地:横浜市中区山手町234-1
開園時間:9時半から17時まで
見学料金:無料

休館日は年末年始(12/29〜1/3)及び月1回となっています。(休館日が祝日の場合は、その翌日休)

<電車>
・みなとみらい線「元町・中華街」駅 6番出口(アメリカ山公園口)から徒歩7分

※「元町・中華街」駅「元町・新山下方面」改札口を出て右手のエレベーター・エスカレーターで屋上にあるアメリカ公園まで上がれるので経由して山手234番館まで歩けます。当方はこちらの行き方で向かいました。

・京浜東北線「石川町」駅から徒歩約25分

※元町を散策しながら行くのであれば「石川町」駅から行くのがオススメです。

<バス>
JR「桜木町」駅から、神奈川中央交通バス11系統「元町公園前」下車徒歩すぐ。

山手234番館の見どころポイント

1階の「居間」です。

訪れた時は「花と器のハーモーニー2019」~開港160年山手今昔 想いを馳せて・・・~というイベントが開催されており、トップフラワーアーティストや華道家とのテーブルウェアの競演がされていました。

▲居間で食事をする際に使用していたと思われる食器も展示されていました。

当時の横浜の盛り上がりを示す絵がお皿に描かれています。

▲居間を出ると、廊下があります。

この廊下に設置されている窓は上げ下げ式で震災後の典型的な洋風邸宅のデザインです。

外の空間は「光庭」と言われる採光をとるためとバスルームなどの湿気を逃がす役割を持った機能性を兼ねた庭になっています。

1階の「常設展示室」です。

居住者の部屋の再現がされていました。上げ下げ式の窓がとてもオシャレです。

12つ目の「常設展示室」です。

お隣の部屋には当時使われていたミシンや資料が展示されています。

▲屋敷の左右対称が分かりやすいですね。

▲1階部屋の扉のデザインがレトロです。

今観るとオシャレに感じられます。

現在は山手234番館の印刷室・事務室・ロッカー室として使われています。

1階のインフォメーションにある「蓄音機」です。

思った以上に蓄音機の収音するための花びらのような部分は大きいです。

長男も「本で見たことがある!」と興奮していました。

▲この当時のマストアイテムである「暖炉」です。

横浜山手は高台にあるので海から吹く風も冬は強く寒かったと思われます。

暖炉で温まり、快適な生活ができたのではと感じられます。

1階インフォメーションではお土産も売っています。

品の良いお花をモチーフとした商品がたくさんありました。

2階に上がる階段です。

当時はもっと急な勾配の階段でしたが、改修工事のためゆるやかな勾配の階段へとリフォームされています。

▲階段上の短い廊下にも窓がとりつけられています。

採光にも気を使った建物です。

2階「レクチャールーム」です。

レクチャーというところから当時は音楽の演奏を楽しんだりしたのではないかと思われます。

▲お隣の建物は「えのき邸」です。

ちょうど、料理人の方が仕込み中の姿を窓から見えましたよ。

2階廊下も1階と同じ位置に配置された窓があります。外から観るとグリーンの淵どりがとても可愛いです。

2階廊下も1階と同じ位置に配置された窓があります。

外から観るとグリーンの淵どりがとても可愛いです。

2階「休憩室」です。

微妙に暖炉のデザインが違います。オルガンも置かれていました。

2階の「ギャラリー1」です。

細長い空間になっています。建設当時と改修後の間取りがなど違う部分があります。(展示のため、ボイラー室が無くなっているなど。)

2階の「ギャラリーB」です。

奥の部屋には一番明るい部屋があります。目覚めも良さそうです。

現在、2階は貸しスペースとして、ギャラリー展示や会議等に利用されています。

山手234番館の駐車場

専用駐車場はありません。

山手234番館のトイレ

▲1階にはトイレが2か所あります。

資料からすると、当時から水洗式であったようです。

屋敷の中は多少の段差はあるものの、バリアフリー化されており、車椅子の方でも使いやすく用意されています。

▲2階トイレです。男女で別れた個室になっています。ベビーチェアが設置されています。

※オムツ替えシートはありませんでした。

山手234番館へ行ってみた感想まとめ

今暮らしている建物とはかなり違うデザインなので、新鮮な感覚を得られます。

小さなお子さんが、当時の暮らしの様子を観るには少し早いかもしれませんが、就園時くらいからだと、興味を持って見られるかもしれません。

長男(9歳)は興味深そうに、当時の道具や内装を観て回っていました。

建物は日本家屋と違い、かなりゆったりとした造りで、採光にも気を使われた設計もステキでした。アパートメントということで、どの部屋からも気持ち良く生活できるように考えられたデザインです。

山手234番館は当時の建物を保存するために、多くの洋館同様に土足での入室が禁止されています。

スリッパと下駄箱は入口に用意されているので、スムーズに脱ぎ履きできる靴で行くと良いと思います。子供用のスリッパも用意されていて、子供でも見学しやすいように配慮されていました。

また、山手234番館前にすぐ桜木町行きのバスが走っているため、この辺りの屋敷巡りの中でも非常にアクセスがしやすい屋敷でした。

 

山手234番館に関連する記事

エリスマン邸「花と器のハーモーニー2019」イベント開催中に行ってきました!

▲ホワイトとグリーンのコントラストが印象的な外観の「エリスマン邸」は建築家「アントニン・レーモンド」が手掛けた建造物です ...

続きを見る

【見どころ満載】ベーリック・ホールへ見学に行ってきました!

▲豪華な芝生のお庭にベージュの外壁でスパニッシュ式デザインが特徴の「ベーリック・ホール」です。   こんにちは ...

続きを見る

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-神奈川県
-,

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.