ママいこっ♪

子供と一緒に楽しめるお出かけ場所探し♪

岐阜県

岐阜県こどもの国「養老公園アドベンチャー縁日」に行ってきた!

こんにちは!ミッキーマーチママです♪

今回は養老町にある、養老公園に遊びに行ってきました!

養老公園は、「養老の滝」をはじめ「こどもの国」「養老天命反転地」「パークゴルフ場」「パターゴルフ場」「キャンプ場」など、色んな遊びが楽しめる大型の公園です。

山の麓にあるので自然がいっぱい!

そして、とってもとっても広いので、1日ですべて回るのは難しいくらいです。

その中のひとつが「こどもの国」です。遊具の種類もたくさんあって、広い芝生、体を動かして遊ぶのにもってこいな場所なんです。私も小学生の時に連れてきてもらった覚えがあるのですが、その時とはまた変わっていて、遊具も新しくなっていました。

今回は「こどもの国」で、『養老公園アドベンチャー』というイベントがあると聞き、息子2人と行ってきました!

もちろん、公園でも遊んできましたので、こどもの国と遊具の紹介もしたいと思います。

こどもの国へのアクセス

〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298−2

<公共交通機関の場合>
・養老鉄道養老線 大垣から24分、桑名から42分 養老駅下車 徒歩10分

<車の場合>
・養老ICから約10分
・大垣ICから約20分
・関ヶ原ICから約25分

子供がいると車で行くのが便利ですが、電車好きな子がいたら、のんびり養老鉄道に揺られていくのもいいかもしれません。

私は子供たち二人を連れて電車に乗ることに慣れていないので、車で行きました!こどもの国への看板も出ていましたので、間違えずに行くことができました。

養老公園 『こどもの国』の遊び場ポイント

入場料は無料。多くの遊具は、小学校6年生までの子が対象です。

▲入ってすぐに園内のマップがあります。

 ぼうけんひろば

▲ぼうけんルートが示された地図がありました。このルートで行ってみよう!

▲石の滑り台です。息子がハマっていました。両サイドは人工芝です。

▲登っていく遊具。2歳11ヶ月の息子には少し怖かったようで、途中で降りちゃいました。地面はクッション性がありましたよ。でも、落ちないでね。

▲ネットを登ります。息子、てっぺんまで行けました。

▲ロープウェイという遊具です。「アーアアー!」と言いたくなるやつです。

▲グラグラする橋です。息子は挑戦していたけど、両手を広げても上のパイプにはつかまれないので、片手だけ捕まって渡りました。

▲ネットのトンネルです。1歳2ヶ月の次男がやりたそうにしてました。大人が入るには少し狭いので、次男は断念。

▲複合型の遊具もあります!

遊具はこのほかにも壁を登ったり、吊り橋みたいな1本道を渡ったり、さまざまなものがありましたよ!たくさんあるので、ここだけでも充分楽しめます。

わんぱくひろば

▲この形になって入ればいいのね!というオブジェ。写真撮るのが楽しいです。

▲大きなシーソーがありました。タイヤが埋まっててお尻も痛くない!

▲小さいローラー滑り台も。こちらは小さい子向けです。

▲広々とした砂場がありました。水場もありますし、砂遊びの道具も使えるようにおいてありました。

※奥の遊具は、現在使用禁止になっていました。

のびのびひろば

▲とっても広い芝生!フリスビーをしたり、サッカーをしたり、鬼ごっこしたり、みんな楽しそうでした。木の下の木陰には、簡易式のテントを設置している家族も。

▲屋根付き、屋根なし、色々ですがベンチとテーブルもありました。お弁当を食べている家族がたくさんいましたよ!

ボールひろば

▲低めのバスケットゴールもありました。

イベント『養老公園アドベンチャー』の様子

こどもの家

普段は図書室や、無料開放のスペースなど、こどもたちが遊ぶスペースになっているところです。この日はイベントがあったので、そういった施設はお休み。

イベントを楽しんできました。

▲縁日がやっています。1アイテム50円はお得!景品ももらえますよ!

▲縁日はたくさんの人が並んでいました。大盛況!

▲鉄道模型の、運転体験も無料でできました。「ドクターイエローだ!」と、息子も大喜び。スタッフの方もたくさん見えて、優しく教えてくださいます。

▲2歳11ヶ月の息子、真剣です。帽子も貸してもらえます。もちろん、操作方法は教えてもらえますし、できない子はお兄さんがやってくれます。運転していたのは、『ワイドビューひだ』です。

▲こどもの家には、ご飯が食べられる「食事スペース」がありました。子供用の椅子もありましたよ。

食べ物は中には売っていないので、お弁当を持っていくと良いです。手を洗う場所も、息子の手が届く高さでした。

▲この日はイベントだったので、キッチンカーも3台、外に停まっていました。かき氷、肉、揚げ物がありましたよ!

▲その他にも『ミズノ流忍者学校』、『関ヶ原と養老の歴史人物に会おう』などのイベント受付をしていました。

忍者学校楽しそうだったけど、年長さんからだったので断念。

なかよしひろば

いつもは道具や乗り物の貸し出しがあります。

▲イベントで無料乗車できる『OKUDA弁慶号』が設置されていました。

▲こちらも子供たちには帽子が貸してもらえました。

▲こんなに素敵な切符がもらえて、もぎりもしてもらえます。『未来駅ゆき』だなんて、夢がある!

※子供プールはまだ6月頭だったため、オープンしていませんでした。

水の広場には水がなかったのと、ことりの森は散歩がてら通り過ぎました。

▲園内は広大な自然の中にあるので、緑がいっぱい!

養老公園『こどもの国』の駐車場

▲こどもの国の駐車場へ行く案内看板が立っています。

▲こどもの国前にあります。100台くらいは停められます。

公園内の駐車場は無料です。

西側に「天命反転地」がありますが、「こどもの国」の駐車場がいっぱいの場合は、第1.2.3の駐車場があります。

養老公園『こどもの国』のトイレや手洗い場情報

トイレは「ぼうけん広場の前」と「わんぱく広場の前」にあります。オムツ替えの場所はないので、オムツを替えたい場合は「こどもの家」がオススメです。

授乳室もありましたよ!

▲ぼうけんひろばトイレ。

▲わんぱくひろばトイレ。

▲こどもの家多目的トイレ。

▲「こどもの家」の授乳室は和室でした。

養老公園『こどもの国』に行ってみた感想まとめ

『養老公園アドベンチャー』のイベントのおかげで、縁日を楽しんだ息子たち。素敵な景品ももらえて大満足の様子でした。

また、ぼうけんひろばにも果敢に挑戦し、できなくても『やってみたい!』という気持ちが見られて私も嬉しかった!

「また行こうね!」と帰りに言ってくれて、満足してくれたんだな、と思いました。

今回はイベントが行われていたので、駐車場も混んでいましたが、警備員さんが立っていたので、駐車場など、混んでいるときは教えてもらっている方もいました。イベント中だったから警備員さんがいたのかもしれませんが…。

トイレは決して大きいわけではないですが、公園のトイレは、少し子供用に低い気がしました。男の子用のトイレには入っていないのですが、外から見た感じ「あれ?小さいかな?」と感じました。

食事はお弁当を持って行ったり、準備していくことをおすすめします。イベント以外の日にはキッチンカーが出ていないかもしれませんし、自販機はありますが、食べ物は売っていないです。

今回は私一人だったのでベビーカーしか持って行きませんでしたが、次は簡易式のテントや、ボールなどを持って行ってゆっくり過ごしたいと思いました。木陰もたくさんあるし、とにかく芝生が広いので、走り回って遊ぶのが大好きな息子にはぴったりだと思いました。

 

養老公園こどもの国では、毎月様々なイベントが行われています。

▲こどもプールは7月13日から8月31日まで。

7月は盆踊り大会もあります!

養老の特産物、ひょうたんを使ったイベントもある!ぜひ行ってみたいイベントです。

養老公園は、こどもの国だけでなく、たくさんの遊べるエリアがありますので、まだまだ楽しめますよ!

参考リンク養老公園HP

 

いつも見てくれてありがとうございます(*^^*)

ブログランキングに参加中なので、応援クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家族・子連れ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ミッキーマーチママ

ミッキーマーチママ

岐阜県在住の、息子たちよりもお出かけが大好きなアクティブママです。とにかく外で遊ぶのが大好き!息子と一緒に新しい公園や、お出かけスポットを開拓しています。

-岐阜県
-,

Copyright© ママいこっ♪ , 2019 All Rights Reserved.